« 週刊myRobotを作ろう④ | トップページ | 週刊myRobotを作ろう⑥ »

2006年4月15日 (土)

週刊myRobotを作ろう⑤

問題発生!

6号の部品はタッチセンサーとそのボード、首を据える仮台座です。前回で主要部品は組み込んであるので、組み上げは問題ありませんでした。(この時点ではそう思われました・・・)

これで、第1ステージは完了です。やっ動くという期待を込めて電池を入れ、おそるおそる頭にタッチしました。目と耳のLEDがついてモーターのうなりとともに頭を下げましたが、ビュー~~ガ・ガ・ガ・・・。  頭を下げた時点でギヤの外れる音・・・。もう一回タッチすると、ガ・ガ・ガ・・・。頭を上げようするとギアが外れます。何回か試してみましたが、結果は同じ。しかも、頭を上げる動作では、耳のLEDも点灯しません。

さっそく分解して、原因を調べてみました。何回もマニュアルを見て、配線関係は間違いなし・・・・。なんで耳のLEDが点かない?頭を上げる時だけ点灯しないので、配線の接触不良ではなさそうです。マニュアルを何回も見直してチェックしましたが問題はなさそうです。

続いてギアボックスの中・・・。ギアの外れる要因はなんとなく分かっていました。シャフト3本の一つがクラッチ付きの部品(シャフトC)があったので、多分そのあたりかな?と思いながらボックスを分解しました。うっわ真っ黒!組み立てたとき、ギアにタミヤのモリブデングリスをたっぷりつけたので中は凄い状態です。グリスを全部ふき取り、マニュアルの注意書きをよく読みながら、再組立てをしました。

期待を込めて動作テスト。ギュー・ガ・ガ・ガ・・・。ダメだ。また分解、取り外し、再組立て、動作テスト、ダメ!こんなことを4~5回続けましたが、改善されませんでした。そこで思い出したのが、部品の買いだめ分。実は1~6号までは2セット買っておいたのです。買いだめ分の3号から、問題のシャフト(C)を出してきて、入れ替えて組み込みました。

Id01_6_1 電池を入れてテスト。ヒュー。軽快なモーター音で首が下がり、ピタッと止まりました。もう一回タッチすると頭を上げます。何回やっても問題なく動作しました。あっけない幕切れでしたが、どうやら部品の問題のようです。再分解して、問題のシャフト(C)を見比べてみました。シャフトの端と端を持って自由に動かなければOK、自由に動いたり、引っかかりながらも動くようならNGです。苦労した分、愛着がわいてきました。とりあえず「うなづき君」と名前をつけました。

さっそくディアゴスティーニさんに、ギアシャフトと耳のLEDの障害報告をしました。

シャフトは交換してくれるとの事です。(後日郵送するとの事ですが、まだ来ませーん!)

耳のLEDの点滅状態についてはご存知なかったようで、先方のロボットも同様な動作をすることが分かり、障害ではないと分かりました。週刊マイロボットの「お助け掲示板」にも、同様の質問がありましたので、併せて伝えておきました。

イタリアのマイロボットのサイトで確認したところ、第7~9号で首の横振り用のギアボックス組立て。第10号でヘッド部にそのギアボックスを取り付け。第1ステージで組み上げたこの「うなづき君」もなんと第10~17号まではしばらく動かせなくなります。

お子さんが、現在の「うなづき君」を気にいっているお宅は、第17号までは計画をたてて組んで行く必要がありそうですね。

|

« 週刊myRobotを作ろう④ | トップページ | 週刊myRobotを作ろう⑥ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週刊myRobotを作ろう⑤:

« 週刊myRobotを作ろう④ | トップページ | 週刊myRobotを作ろう⑥ »