« 週刊myRobotを作ろう⑮ | トップページ | 週刊myRobotを作ろう⑰ »

2006年7月31日 (月)

週刊myRobotを作ろう⑯

今回は「右腕モーターボックス」と「液晶ディスプレイ」の組立て記事を掲載します。

■20号~22号「右腕モーターボックス」
Id01_1801 右腕のモーターボックス(3週分)を組立てます。
今回の組立てはほとんど左腕モーターボックス作成に準じていますので右腕組立てに関わるポイントだけを述べます。

◇腕駆動用シャフトと35号の気になる記事
イタリアディアゴスティーニのPDFマニュアル35号に「17~22号の問題」が2ページにわたり掲載されています。
翻訳してみると「腕駆動用シャフト先端の突起の位置」についての記事でした。
Id01_2202 「左腕が後側」「右腕が前側」に位置していれば正しいと書いてあります。
左画像の赤丸印のようになっていればOKです。
「左腕は"L"」「右腕は"R"」の"U"印に小さなギアのマークを合わせてあれば、写真のような状態こなるはずです。翻訳した限りでは左右非対称で正解のようです。

さらに読み進むと「突起の位置が違っていたら、モーターボックスを開けて修正が必要」とあります。
Id01_2211 違っていた場合は、修正方法が次のページに掲載されています。
画像を見ていただければ一目瞭然、シャフトを2分割にして組み直すだけの単純作業なのでお分かりになると思います。

一方「ID-01お助け掲示板」でも同様の問題が取り上げられ、熱い意見が取り交わされています。是非ご覧になって参考にされてください。

◇LとRマークにご注意
先ほども触れましたが、腕駆動用シャフトの"R"U印と小さなギアのマークを合わせてください。そのとき"R"の"U"印のところに半円形の出っぱりがあればOKです。Id01_2203
半円形の出っぱりは回転範囲の制限装置で、反対側ケースにある金属棒にあたると回転が強制的にストップする仕組みになっています。
ケースを閉じた状態でモーターに通電して動作試験を行うとトラブルの元になりますので注意が必要です。
Id01_2211_2 もし回転防止の半円形のでっぱりが反対側の"L"マークの近くにあったら、35号PDFマニュアルにある画像を見ながら、シャフトを2分割して"R"マークに近づけるように組み直してください。

◇ベルトかけで苦労しない方法
「ギアシャフトとモーターのプーリーにベルトを掛けセットする方法」で苦労された方は、次の方法を試してみてください。
まずウオームギアシャフトにベルトを引っ掛けてシャフトを先にセットします。
最後にモータープーリーにベルトを掛ければ良いのです。(ミニドライバー等でペルトを引っ掛けると楽ですよ)

◇さらに楽になる組立て順序
ベルト掛けで苦労しない方法と併用するともっと組立てが楽になる方法があります。
myRobot22号のマニュアル14ページ「組立てA」の2まではマニュアル通りに組立ててください。
次に「組立てB」の3すなわちプーリー付きウオームギヤシャフトにドライブベルトをセットして組み込みます。
何故かというと難しいシャフト組込み時に指を添えたりする場所にモータースペースが利用できる事と、グリスが指やベルトに付かないからです。
その後でグリスをまんべんなく塗り、モーターをセットしてからベルトを掛ける・・・という方法です。
お蔭で私は楽にモーターボックス組立てが出来ました。

思考錯誤して組み立てていると、ついつい記録用の画像を撮るのを忘れてしまいがちです。どちらの方法も画像が無くて申し訳ありません。

◇PDFが重くて開けない時は?
Id01_2201 もしイタリアディアゴスティーニのPDFマニュアルが重くてひらけない場合は、一旦、PCにダウンロードしてから開くと楽に開けるようになります。
Windowsマシンでしたら右図(画像クリックで拡大します)のように目的のPDFマニュアルのリンク場所(赤枠内)に「カーソルを合わせ」「右クリック」でディスクトップなど適当な場所にダウンロードしてください。出来たアイコンをクリックすればPDFがかなり楽に開けるようになったはずです。
ご存知のようにPDFを開くには"Adobe Reader"が必要です。最新のWin版の"Adobe Reader"はこちらでダウンロードしてください。

◇左右完成した形は非対称で正解
Id01_2215 確認のため組みあがった左右腕のモーターボックスを左画像のように並べてください。
腕稼動シャフト先端の突起部分(水色着色部分)が同じ向き、つまり両腕とも右側になっていればOKです。
左右非対称というのは日本人にはなんとなく馴染みにくいですね。

Id01_2216 ボディケースに取り付けて後ろから見ると画像のようになります。
其々突起部は、左腕が後(背中)側で、右腕が前(お腹)側になります。

右腕モーターボックスの組立ては以上です。

■液晶ディスプレー取り付け
Id01_2212_1 いよいよ液晶ディスプレーの取り付けを行います。
これから毎週「3連スイッチ」「スピーカー」「マイク」「マザーボード」などの取り付けが発生しますので、現在ボディケースについている全てのものを外すようにマニュアルに書いてありました。外した物とそのネジを各々名前をつけて28号が発売されるまで保管しなくてはなりません。
私は現在まで機能している状態の動作テストや撮影が残っていますので、そのつど外しては組みなおす事にしました。
ボディケースはネジ受けが樹脂製なので取り外しを頻繁に行う事は良い事ではありませんがこの際仕方がありません。ネジをきつく締めないように注意することにしました。

◇作業は簡単
Id01_2206_1 Id01_2207_1 まずヘッド部と各モーターボックスを外します。
ボディケース取り付けガイドのあたり(画像の赤枠水色の部分)に液晶ディスプレイをはめ込みます。
はめ込むといってもほとんどのせるような感じです。液晶裏面下部をそっと押していくとフィットするところがあります。
Id01_2208_1 取り付けステーは切り込みのある方が下になります。2本のネジで取り付ければ作業は完了です。

本来はこれでおしまいですが、私は腕稼動シャフト先端突起の左右の違いを撮影するために、首と左右腕のモーターボックス、頭部を取り付けました。
Id01_2209_1 前から見ると以前見えていたモーターボックスが液晶で隠されていて、より完成品に近いイメージになりました。
近々に動画も載せる予定です。

◇動画
FLASH動画をアップしました。
770KB45秒くらいのムービーです。再生はエンドレスですので適当なところで、プラウザーの戻るボタンで本文にお戻りください。

23号迄搭載後の動画映像

俯瞰(頭上)撮影をしている時、面白いことに気付きました。
いずれレポートしたいと思います。

|

« 週刊myRobotを作ろう⑮ | トップページ | 週刊myRobotを作ろう⑰ »

コメント

テラさん こんにちは

左腕の腕駆動用シャフトの事だったのですね。
修正成功したようで、おめでとうございます。
並びに画像が役にたったようで喜んでいます。

ブログにも掲載していますが、腕モーターボックスには稼動範囲制限のストッパーがありますので、ケースを閉じた状態でのモーター通電テストはご注意ください。(ケース"蓋"を閉じなければピンが当たりませんので存分に動かせます。多分ネジを緩めてとはこのこと事ですね。)

投稿: ふみのへや | 2006年8月 3日 (木) 21:56

言葉が足りなくすみませんでした左腕用にRとなっておりましたのでアドバイスとおり、簡単にLに直すことができました。イタリア語はさっぱりわかりませんが、写真を見ながらなんとかできあがりました。それと1.5Vではピクリともしなかった動作確認も蓋のネジをゆるめることで解決しましたのでご報告させていただきます。今後とも宜しくお願い致します。

投稿: テラ | 2006年8月 3日 (木) 20:45

マーさん こんにちは はじめまして

コメントありがとうございます。
"おにゃにゃさん"からご紹介の件、了解しました。"おにゃにゃさん"さんには色々教えて頂いています。

掲示板には、たった1件しか掲載していません。
マスターズ掲示板に「頭の後ろから出ているケーブルを内蔵しました」(ふみのへや)という題名と名前で載っています。よろしければご覧ください。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


投稿: ふみのへや | 2006年8月 2日 (水) 14:03

テラさん こんにちは はじめまして

コメントありがとうございます。

今回お作りになったのが「右腕モーターボックス(20~22号)」でしたら"R"で良いのではないでしょうか?
もし左腕用(17~19号)が"R"でしたら換えなくてはなりませんね。

でも部品を送ってもらわなくても、シャフトは簡単に"L""R"の組直しが出来ますよ。
「35号の気になる記事」の後半にPDFマニュアルの写真を入れておきましのでご覧ください。(画面クリックで拡大します)

今後ともどうぞよろしくお願いします!

投稿: ふみのへや | 2006年8月 2日 (水) 13:52

はじめまして。
おにゃにゃさんから紹介されてアクセスしました。
素晴らしいの一語です。掲示板に名前を見かけませんがどんな名前で投稿しているのでしょうか?
これからはチョコチョコ遊びに来ます。

投稿: マーさん | 2006年8月 2日 (水) 10:15

ふみさん、こんにちは、掲示板で記載されている、突起部分がцなのかRなのかという話題が気になって分解して確認してみましたところ私には左用のLではなくRが送られいました。早速、今日にでも電話して部品を送ってもらおうと思っておりますが、組み立ててみたところネジを1本紛失してしまました。とほほ。

投稿: テラ | 2006年8月 2日 (水) 08:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週刊myRobotを作ろう⑯:

« 週刊myRobotを作ろう⑮ | トップページ | 週刊myRobotを作ろう⑰ »