« 週刊myRobotを作ろう(29) | トップページ | 週刊myRobotを作ろう(31) »

2006年10月23日 (月)

週刊myRobotを作ろう(30)

今週は本屋さんの連絡よりも、宅配便(34~35号)の方が30分も早く届きました。二本立てにしてイライラは解消しました。

更新情報 トッピクスをUPしました(2006/10/26)

■35号を作成する
Id01_35_01 今回の部品は「右車輪用シャフトカバー」「オプチカルエンコーダー・ボード」「2灯LEDボード」などです。

◇LEDボードの取付け
作業は「腰部右ケースにLEDボードを取り付ける」となっていますが、中途半端なので次号の作業を少し先読みしておきましょう。
私はLEDボード以外にオプチカルエンコーダー・ボード、車輪用シャフトカバーも取り付けてみました。
Id01_35_02 イタリアディアゴスティーニのパーツリストにあるNO.37のPDFマニュアルに組立の解説が載っています。
次号についてくるオプチカルエンコーダーディスクを送受光部の間に挟まなければいけませんが、少し持ち上げれば入りますので、今付けておいても問題無しと判断しました。Id01_35_04
双方のケーブルは白いギアの後ろ側にある穴から外に出しておきます。
Id01_35_03_1
ついでに車輪用シャフトカバーもネジ止めせずに仮付けしてみました。
仮付けは次回エンコーダーディスクなどを組み込まなければいけないからです。

◇2灯LEDの点灯テスト
今回付いてきた2灯LEDボードの点灯を確認してみました。
ご存知のように、LEDは極性を間違えると一瞬で壊れてしまいますのでテストは慎重に行いました。
テスターで極性を確認してから3Vを通電したところ、白色LEDが2灯きれいに点灯しました。Id01_35_05
結構明るいですね。このテストにもモーターチェックボックスが役に立ちました。作っておいて良かったと思っています。
点灯テストは、極性・電圧を間違えるとLEDが破損する恐れがありますので、あくまでも自己責任で行ってください。

◇あとがき

秋になり涼しくなると不思議なことに、読書と音楽に浸る生活パターンになってしまい、ID-01に接する時間が少し短くなってしまいました。
前回作成宣言した「腰部ケース」を利用した仮設スタンドも手付かずの状態です。

と言いながらも、先日秋葉原の「ツクモRobot王国」「秋月電子通商」他数店、新宿の「東急ハンズ」に小物の買出しに出かけてきました。
高くて欲しい大物は沢山ありましたが、とても手が出ませんでした。

そんなときにマスターズ掲示板に「目の表情をゆたかに・・・」というタイトルで出ていたビー玉を東急ハンズで見かけました。
実際には「透明アクリルボール」でしたが直径は3mmのボールで、アクリル製品のコーナーにありました。
10粒で税込¥472円です。高いか安いかはご判断に任せますが、探している方がいたようなので、ご参考まで・・・。

KENさんよりビー玉についての次のような情報を頂きました。
>「スクラッチ屋」さんから、例のビー玉の情報いただきました。東急ハンズで、ガラスビーズNo3.200g525円だそうです・・・・・

どのくらい入っているかについて伺うと
>ざっと見て、200~300こは入っていたのではないかなと思います。兎に角たくさん入っていました。・・・
>ガラスなのでしょう。直径は3.5mm~3.6mmでした・・・・

との事でした。お探しの方への朗報ですね。
KENさん、ありがとうございました。 (2006.11.18)



◇トピックス
掲示板でご覧の方もいらっしゃると思いますが、のびたさんがLCDディスプレイにバックライトを取り付けられましたので、紹介させていただきます。

自作の胸の光るボタンとともに、電飾効果抜群ですね。
ディスプレイのバックライトは薄暗い場所での情報把握には非常に有効ですので、私もトライしてみようと思います。

このテクニックを応用すれば、家電製品などのLCDディスプレイにバックライト取り付けが可能になりそうですね。もちろん多大なリスクはありますが・・・。
私事ですが、ID-01がうまくいったら楽器のエレピに応用してみたいと思っています。


詳細はのびたさんのブログでご覧ください。
Imgb902a5acws3zvk

|

« 週刊myRobotを作ろう(29) | トップページ | 週刊myRobotを作ろう(31) »

コメント

 ふみさん こんばんは。
 朝夕は寒ささえ感じられる季節になってきました。この影響で休むほとではありませんが、軽い風邪が治っては引きを繰り返しています。
ふみさんも十分ご自愛ください。

 さて、入院中のマイロボが詳しい状況説明書を添付した甲斐があったのか、1週間で本日無事退院してきました。

 添付されてきた報告書によると、やはりテストで絞り込んでいたタッチセンサーボードとチルト用のエンコーダボードを交換で対処したとのことでした。また、理由は明記されていませんでしたが、何故かヘッドコントローラとマイクも一個交換されており、早速動作確認してみたところ、2度お辞儀もなく、タッチセンサーの感度も16号の状態を維持できており、音源方向認識度もあがり、やれやれというところです。

 Version upされたソフトは、ポート認識出来たり出来なかったりで不安定な状態です。操作PCを交換しても不安定なことに変わりありません。
 フリーズ状態は、最初にポート設定を間違うとこの状態になり、5分ほど放置していると再度設定が可能になるようです。
 
 バグ?と思われる事項も改善されておらず、来週の日本語版でHelpファイル等も参照して対処するしかなさそうです。

投稿: おにゃにゃ | 2006年10月24日 (火) 21:50

おにゃにゃさん こんばんは

軽い風邪気味との事、お体を大事にされてください。
しかし本当に寒くなってきましたね。

おにゃにゃさんのマイロボが退院してきたようで、おめでとうございます。結構早かったですね。
しかも、症状も全治全快したようで本当に良かったです。

それにしても結構主要なパーツ交換をしていますね。それにマイク・・・。
マイクといえばマイクのひとつが感度が悪い事が分かりました。二体あると比較できて良いですね。でもどうしよう・・。いまさら交換可能でしょうか?

でも問題が生じて修理に出すとなると、無改造の方が強みですね。
そういう事態になったら、私のロボもスペアパーツがありますので、いつでも無改造ロボに変身できます。

ID-01のSimulatoreの件も了解です。
CD-ROMの日本語版がどこまで納得のいくものなのか、期待をうらぎらないで欲しいと願っています。
一方、今日から携帯各社が競争に入ったようですが、Bluetooth対応の良い携帯電話があれば、買い時かなとも思っています。

話は変わりますが、静岡県限定で出ているディアゴの二足走行ロボット「週刊ロボザック」が来年早々全国発売されるとか・・・。
そういえばmyRobotも宮城県限定で出ていましたね。

投稿: ふみのへや | 2006年10月24日 (火) 22:50

ふみさん おにゃにゃさん
こんにちは

しばらくおとなしくしていましたが、ついに23号のバックナンバーが届き、LCDの分解、バックライト装備をやってみました。
結果は、なぜか一発成功です。

詳細(あまり詳細でないですけど)は、私のブログにあげてありますが、
やはり、LCD基盤の裏のひねった金属片で、取り付けられ、LCD本体は、液晶が挟まったガラスに、背景用のシールが貼られているだけでした。このシールを剥がすと、透明になり基盤が透けて見えます。
LCDのガラス板と基盤の間には、2mm程度の隙間がありますので、ここに光源を仕込むだけでした。
光源は、準備したELシートです。
分解してみて思ったのですが、もし、LEDや光ファイバーなどを光源とするとなると、均一に光らせる為に、薄い紙などをはさんで光を拡散させる必要がありそうです。
また、消灯時に基盤が透けて見え、それはそれでかっこいいのですが、文字が見づらいと思いました。

さて、ロボ君への装着ですが、ご存知のとおり、前部外す必要があるので、またにしました。完成次第また、ご報告いたします。

それでは、取り急ぎご報告まで
(^◇^)

投稿: のびた | 2006年10月25日 (水) 17:51

のびたさん こんばんは

LCDのバックライト大成功ですね。おめでとうございます。
のびたさんは最初からELシートを提唱されていましたが、それが功を奏しましたね。ELシートは秋月電子で見かけたのですが、購入しておけばよかったとくやんでいます。

皆さんがELシートを手に入れようとすると品薄になるかもしれませんね。トライされる方は早めにオーダーしておいた方が良いかもしれません。

のびたさんID-01の組込みを頑張っていただいて、衝撃的な画像を掲示板に発表してください。

投稿: ふみのへや | 2006年10月25日 (水) 18:41

もったいぶって、すみませんでした。
時間が出来たので、やってしまいました(笑)

作業時間は40分ほどで、先の作業と合わせても2時間弱。思いのほか簡単にできてしまいました。
やっぱり、バックライト仕様の同製品があるということが大きいですね。
ふみさん、おにゃにゃさんの情報のおかげです。
m( __ __ )m

ELシートは、通販ではKSKという京都の業者さんが、良いと思います。
私のブログでもご紹介している「ネームプレートセット」は電池式インバーターも付いていますし、切り抜き可能のELシートです。名刺大なので、無駄も少ないです。
インバーターと電極を2,3組余分に発注すれば、切り取った部分も再利用が出来、経済的だと思います。

ぜひお試し下さい。

次は何しようかな~
  ってまじめに組み立てます_| ̄|○

投稿: のびた | 2006年10月25日 (水) 20:09

のびたさん もう止まらないですね。

光るID-01は、綺麗でとってもSFぽいですね。
自分のID-01が目だけ光っているのは変だと思いはじめてしまいました。

のびたさんのブログにも別の質問を出していますが、背景用のシールは剥がさないといけませんか?
ELの光が強そうなのと、背景の基板が見えるとの事なので、剥がさないで済むなら・・と思った次第ですが如何でしょうか?

投稿: ふみのへや | 2006年10月25日 (水) 23:13

毎度ありがとうございます。

目だけ光っているのが正解の筈ですが、変なことに引き込んでしまいましてごめんなさい(笑)

さて、ご質問の件ですが、
確かに、剥がさずに済めば、LCDを分解せずに、ELシートを隙間に通せばよいので、安全確実なのですが、

LCDの背景テープは、アルミテープのように銀色で鈍く光を反射します、完全遮光です。

文字の視認性を上げる為に、バックライトの変わりに表からの光を反射させているのではないでしょうか。

基盤が透けて見える件は、ELシート自体も不透明ですので、入れる事で基盤は見えなくなります。
(基盤が見えると言うのもかっこいいですね。)

たまたまかもしれませんが、LCDを分解して剥がす前のテープ部分をよく見ると、一部分にセロテープが貼られたような三角形がありました。この部分が剥がしやすい場所でした。なお、ガラスに傷がつきますので、金属工具は使わず、爪で行ったほうがいいと思います。EL到着まで、爪を伸ばしましょう(笑)

投稿: のびた | 2006年10月26日 (木) 00:35

のびたさん おはようございます
早速のご回答ありがとうございます。

背景テープはやはり剥がさなくてはいけないようですね。
ELシートの輝度調整は、別の方法で試してみようと思います。
実物が来ないと確認できませんので、効果があるようでしたらレポートしたいと思います。

それからのびたさんのブログは、図を挿入して頂き大変理解しやすくなりました。お手数おかけしました。

当ブログでもトピックスとして取り上げさせていただき、皆様に紹介したいと思います。
勝手ながら、のびたさんのGIF画像を使用させていただきますので、ご了承ください。

投稿: ふみのへや | 2006年10月26日 (木) 07:42

掲載ありがとうございます。
稚拙な説明、図解で申し訳ございません。

さて次は何しようかな^^
本家掲示板にあった、無限軌道化について
研究してみようかな?!

と、33号以来止まっているにもかかわらず、無駄に新たな野望に燃える のびたでした
m( __ __ )m

投稿: Nobady can stop me のびた | 2006年10月26日 (木) 13:31

Buongiorno.(こんにちは)
Sono Tera. Piacere.(テラです、よろしく)
ふみさん、おひさしぶりです。ここの部屋に出入りするみなさん、それぞれすばらしい才能なんですね。今回私はLEDのチエックはしませんでした。数年前にIC工作を勉強していたときにパンクさせたことがあるからです。ふみさんが指摘していますように、LEDにはプラス、マイナスの向きがあるので、めんどうなのでやめました。それで、今回はできるかぎり組み立てて、バッテリーボックスも接続して横にしたままで、腰部のモーターをチェックしましたら、1.5Vでは動かなくなってしまいましたが、3Vにすると、すんなりと動いてくれました。以上プチ情報でした。毎回楽しみにしてます。

投稿: テラ | 2006年10月26日 (木) 20:42

テラさん こんばんは お久しぶりです。

イタリア語のお勉強も、はかどっているようですね。
のびたさんのブログでもお見かけしたような気がしますが人違いだったらごめんなさい。

このブログに遊びに来てくださる方は、テラさんを含めて、皆さん素晴らしい方ばかりです。いつも色々な事を教えて頂いて、本当に感謝います。
皆さん本当にありがとうございます。

LEDの極性と電圧には本当に注意が必要ですね。
35号に付いてきた2灯LEDは、白がプラス側、赤がマイナス側に接続して無事点灯しました。1.5Vでは点灯せず、3.0Vで点灯。
もしテストするときは自己責任でお願いします。

腰部のモーターボックスを横にすると1.5Vで動かないというのは、縦にすると1.5Vで動くという事でしょうか?
いずれにしても原因をチェックされた方が良いと思います。
重量が1Kg以上のヘッド・ボディ部をリフトアップするのですから、ボードから煙を出さないように、余計な抵抗力は極力排除しておいた方が良いと思います。

こんどイタリア語教えてください。
私の傍ででPSPのTALKMAN EUROがイタリア語でわめいています。
このEURO版はイタリア語の発音練習に良いですね。

また遊びに来てください。プチ情報ありがとうございました。

投稿: ふみのへや | 2006年10月26日 (木) 23:18

ふみさん、こんばんは
あと3週程は組み立てらしい組み立てはなさそうですね。
こういう時期にのびたさんの様な改造を見せられると自分もやってみたくなってしまいます。(やり始めると妙な対抗意識を燃やして某女性演歌歌手の様に電飾だらけになりそうなのでガマンガマン)
 
35号P.16の写真を見ると頭が右に向いている事と頭からケーブルが出ていない事に気が付きました。右に向いているのはおそらく仕様なのでしょうが、ケーブルは???
内蔵されるのでしょうか?内蔵されるなら我々の苦労(私はあまりしていませんが)はどうなるんだ~(笑)

ロボザック遂に全国展開ですか。でもロボザックに10万円(以上?)かけるなら、日本製のK社のロボットの方が面白そうな気がします。私もロボット王国行く度に欲しいなぁ、と思いつつ眺めております。

投稿: しゃお | 2006年10月27日 (金) 18:31

しゃおさん こんばんは

のびたさんのディスプレイ照明は凄いですね。
対抗意識はありませんが、他にも応用がききそうなので私も現在実験中です。

組立はありませんが、来週号にはCD-ROMが付いてきますので、暫くはそれなりに楽しめるのではないでしょうか。

35号の頭のケーブルは確かについていませんね。しかし35号の表紙にはしっかりケーブルが写っています。どういう事なのでしょうね。

ロボザックは同等品が国内H社からキットと完成品が出ていますが、本社は韓国のようですね。
K社のキットも良いですが、日進月歩が激しい世の中、あまり浮気せずにオリジナリティの高いID-01を見守りたいと思っています。
しゃおさんとは、ロボット王国でお会いしているかもしれませんね。

投稿: ふみのへや | 2006年10月27日 (金) 19:59

いつもお世話になります。

是非対抗意識メラメラで、某紅白歌手ばりのロボ君になるよう競いましょう

って、競ってたら、無理やりギンギラギンになってしまいますね。(笑)
やっぱり、ギンギラギンはさりげなくっちゃね(古いですね。笑えないですね。)

ロボザック全国展開のお話、大変興味あります。
 昔、プラレス三四郎というマンガが、ありました。プレーヤーの操作によって2体のロボットがプロレスで戦うマンガでした。
確かアニメにもなっていたはず。

 そんな夢のようなロボットが実現可能な時代が来たんですね。

投稿: のびた | 2006年10月29日 (日) 01:04

のびたさん こんにちは

朝から秋葉原に出かけて先程帰ってきました。私の留守の間にELパネルが届いていました。ELパネルは明るいですね。こんな薄いシートが何で光るのか不思議です。
但し、3Vインバーターが不具合(常時点灯しない)なのでクレームのメールを出そうかと思っています。9Vの方は正常でした。

バックライト付きのLCDディスプレイを購入してきたので、早速分解してみようと思います。
説明書をみると、バックライトは基盤に抵抗3つを半田付けして、ジャンパーショートして5VでドライブするとLED24個が発光すると記載されていいますので、工作してからテストしてみたいと思っています。
このLEDタイプのバックライトはELシートに比べてかなり厚いので、ID-01には組み込めそうもありません。

そういえばのびたさん、テスト電源は完成しましたか?
LEDチェックまで出来て大変重宝しています。

ロボザックは静岡地区限定で、かなりの号数が先行販売されています。国内ではH社から同等品が出ていますので、ご興味おありでしたらご覧ください。プログラムは結構大変そうですよ。
http://www.hitecrcd.co.jp/ROBOT/robonova1/index.htm

投稿: ふみのへや | 2006年10月29日 (日) 18:00

こんにちは

マスターズ掲示板のモコさんのコメントご覧になりましたか?
もう、ELだぁLEDだぁ威張ったように言っていた自分が恥ずかしい。
明るさそのものでは、ELなど直截な光には敵わないだろうけど、最近出回っている高照度蓄光材を使えば かなりあかるいはずです。
蓄光材なら、電源も絶縁も電子回路への影響も何も気にしなくていいんです。

替わりのLCDで試してみます。

投稿: のびた | 2006年10月30日 (月) 14:27

のびたさん こんにちは
こんな時間に珍しいですね。

もこさんの記事は読みました。
蓄光材は、ペーパーだけでなく、塗料やスプレーなども出回っているようですね。

のびたさんのトライはけっして恥ずかしい事ではなく、素晴らしい挑戦だと思っています。
同じ発光だからといって、ELやLEDのようにそれ自体が発光するライト類とは別物(用途)と考える必要があると思います。

透かして見るとお分かりのように、LCDの板自体が軽い遮光性を持っていますので、高照度蓄光材といえども、ある程度の光源が必要な気がします。実際テストしてみないと分かりませんが・・・。

LCDディスプレイだけでなく、LEDボタン含めてライト・蓄光両建てのハイブリッドで試してみるのも良さそうですね。改造前なので考えてみます。

それから、不具合のELインバーター(3V)は、クレームで交換してもらうことになりました。3Vは無音ですが、9Vタイプは騒々しいですね。

いよいよ明日はCD-ROMが付いてきますね。楽しみ楽しみ・・・・。

投稿: ふみのへや | 2006年10月30日 (月) 15:50

こんにちわ。もこです。マスターズの「のびたさん」の投稿は非常にすばらしいと思います。僕は電気の知識がないため、ELや、LEDを仕込むなんて事はできません。苦肉の策として書かせていただいただけです。ふみさんものびたさんもすばらしい技術、知識をお持ちでうらやましいかぎりですよw

投稿: もこ | 2006年10月30日 (月) 18:11

もこさん
のびたさん こんばんは

もこさん、蓄光材とは良いアイデアですね。
のびたさんが、かなり感激してましたよ。さすがですね。
ID-01のオリジナル塗装も、順調に仕上がっているようでうらやましいです。

のびたさんは、あの勢いですと近いうちに実験されるのではと楽しみにしています。
先程のびたさんへのコメントには書いていませんが、良く考えたらELパネルをドライブしているパルス系の高電圧は、"Bluetooth"の通信に影響があるかもしれません。
LEDは配線の引き回し以外は、さほど問題なさそうなので、できればLEDと蓄光材の併用あたりでうまくまとめた方が良いかもしれませんね。

綺麗な塗装をするも良し。色々な改造をするも良し。あくまでもオリジナルにこだわるのも良し。
完動する自分流のmyRobotを最終号まで頑張りましょう!!

投稿: ふみのへや | 2006年10月30日 (月) 18:52

こんばんわ^^

時間が取れなくて、蓄光材探しに行けませんでした。
ふみさんの予想通り、やる気マンマンでした(笑)

さて、ELの高周波の件、ふみさんが言われるように、9Vインバーターが結構うなってますので、何かに影響が出るのを心配していましたが、bluetoothに来そうですかぁ。
やっぱり、次の手も考えておく、必要がありますね。

もこさんの蓄光材と紫外線LEDを組み合わせれば、かなり明るく光るのは間違いないです。このばあい、問題は、面で均一に発光させるために、どうやって紫外線LEDを配置するかと、首や腕のエンコーダーに影響が出ないよう、遮光を注意することでしょうかね。

グラスファイバーの仲間で、あつさ2mm程度で、横から光をいれると、面で光るような。
そんな素材が無いかなぁとも、おもっています。

わくわくがとまらない のびたです^^

投稿: のびた | 2006年10月30日 (月) 20:04

こんにちわ。朝帰り(仕事で)です。のびたさんは早速いろいろと思いつかれているようですね、フミさんの予想通りw昔、テレビで蓄光塗料を天井一面に塗り夜でも昼間並みの明るさを誇る蓄光塗料が開発されたとやってました。それが欲しいのですが、名前や発売元が全くわかりません。誰か知らないかなぁ?

投稿: もこ | 2006年10月31日 (火) 09:30

のびたさん、もこさんへ
蓄光塗料でGoogleで検索すると通信販売でも取り寄せができそうですよ。ご存知でしたら、私の老婆心ですので、ご容赦願います。

ふみさんへ、のびたさんのブログで見かけたのは私です。どうやら、同じハンドル名を使っている人がいるらしくて、変な番号がついてしまいました。私のパーツは来週でないと届きませんから、兆~暇です。次の更新も首をながーくして、待っています!

投稿: テラ | 2006年11月 3日 (金) 21:41

テラさん こんにちは

先程まで追加記事の校正をしていました。

のびたさんのところで見かけたのは、やはりテラさんでしたか。
番号のついたハンドル名の方が他にいるそうで、ややこしいですね。今後、本家テラさんとお呼びしましょうか?

同じ光る材料でも、蓄光と蛍光があるようです。
ブラックライトに反応するのは蛍光材、当てた光を蓄えるのが蓄光材。私は暫く様子を見ることにして、今、ID-01のバッテリーボックスを分解して別の問題を検証中です。そのうちレポートします。

ところで、定期購読は本当に待ち時間がたまりません。
音声ボードなど早く欲しいパーツは、何故か偶数号なので余計待ち遠しいですね。
もう暫くお待ちください。

投稿: ふみのへや | 2006年11月 4日 (土) 09:34

こんばんは、KENです。

遅くなりましたが、忙しい「スクラッチ屋」さんから、例のビー玉の情報いただきました。

東急ハンズで、ガラスビーズNo3.200g525円だそうです。

彼から、集まった皆さんに分けていただきました。

投稿: KEN | 2006年11月18日 (土) 00:49

KENさん おはようございます。

ビー玉情報ありがとうございました。ガラスビーズだったのですね。
200gで幾つ位、入っているのでしょうね。

情報ありがとうございました。

投稿: ふみのへや | 2006年11月18日 (土) 08:43

KENです。おはようございます。

入っている袋から皆に分けてもらったのですが、ザーアッと一人ずつにくれたので、ざっと見て、200~300こは入っていたのではないかなと思います。兎に角たくさん入っていました。

一粒、ピンセットにはさんで、ガスであぶってみましたが燃えませんでしたし、カッターナイフでも切れませんでしたから、ガラスなのでしょう。直径は3.5mm~3.6mmでした。

投稿: KEN | 2006年11月18日 (土) 10:56

KENさん 早速のレスありがとうございます。

沢山入っているんですね。ビックリしました。
以前、私が見つけたアクリルボールはかなり高かったようです。

耐熱テストなどをされたようで、ほぼガラスに間違いなさそうですね。

本文に加筆しておきます。ありがとうございました。

投稿: ふみのへや | 2006年11月18日 (土) 11:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179919/12393594

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊myRobotを作ろう(30):

« 週刊myRobotを作ろう(29) | トップページ | 週刊myRobotを作ろう(31) »