« 週刊myRobotを作ろう(32) | トップページ | 週刊myRobotを作ろう(34) »

2006年11月 9日 (木)

週刊myRobotを作ろう(33)

■更新情報 「トピックス」をUPしました(2006/11/10)

■音声ボードの前準備

次週はいよいよ待望の音声ボードがリリースされます。
イタリアディアゴ社のパーツリストのPDFマニュアルに掲載されている画像です。
Id01_37_09 以前にも掲載しましたが、音声ボードとBluetoothボードは、暫く床置きのままです。それに毎度おなじみのバッテリーボックスも49号までは床置きのまま。
電源ケーブル切断防止や引き回しを嫌い、ID-01の下にバッテリーボックスを直付けしている方もいるようですが、使用頻度にもよりますが電池交換が大変そうです。

頭の中には「一体化ラック」の構想があるのですが、今回は簡単で且、ありあわせの材料で出来る「バッテリ-ボックス縦置きスタンド」を作る事にしました。

◇バッテリーボックス縦置きスタンド
今回作るスタンドは、ID-01のバッテリーボックスをゲーム機のPS2風に縦置きにするもので、「ベーススタンド」と「バッテリーボックススタンド」の2つのパーツで構成されていて、それにより自立が可能となります。
Id01_37_14 材料はID-01についてくるダンボールといらなくなったフロッピーディスクです。(あれば白いラベル用紙)
工具は良く切れるカッターナイフと、マイナスのミニドライバー、やすりなどです。
ディアゴさんのおまけのドライバーセットが使えます。

★ベーススタンド
バッテリボクス後ろの20ピンコネクター側を下にしますので、ほこり、汚れ防止用にプロテクター兼、ベーススタンドを作ります。
Id01_37_15 画像のようにダンボールをカットして、適当な大きさの四辺形を切り出します。
私は75mm×35mmの大きさにしましたが、適当な大きさで結構です。
次に、先程の20ピンコネクター枠の大きさ(35mm×10mm)に穴をあけます。
穴は1/3ほど上か下に寄せます。寄せるのはバッテリーボックスを縦置きにした時の重量バランスの関係です。
20ピン枠にピッタリ入れば、ベーススタンドは基本的には出来上がりです。
ダンボールがむき出しですと近未来的なID-01にそぐわない感じがしますので、白いラベル用紙でダンボール部分を目隠ししました。下向きになる20ピンコネクターの塵・ほこり防止プロテクターを兼ねています。


★バッテリーボックスサポーター
横倒れ防止用のサポーターをフロッピーディスで作ります。
同形状の形になれば、フロッピーディスク以外にも、ダンボール、木の板、スチレンボードなど、身近にある加工しやすいもので"本体を支えるだけの固さのあるもの"であればOKです。
Id01_37_16 フロッピーディスは壊してしまいますので、必ず「使用済みの物」か「壊す覚悟のある物」を用意してください。
まずフロッピーディスクを分解して、余計な部品を外します。
「分解手順」
①金属シャッター下側にマイナスミニドライバーを差し込みこじ開けてとり外す。
②フロッピーの外枠の切れ込みにマイナスドライバーを差し込み、ケース3方を少しづつこじ開ける。
③フロッピーディスク(真ん中に金属プレートの付いたビニールシートの円盤)と、ケース内側についた保護シートなどを外します。
分解作業はこれで終わりです。
「縦長の穴を開ける」
次に、中心を合わせて縦長の穴(60mm×24mm)をカットします。
フロッピーディスクの枠は薄い樹脂製なので、定規を当てがってカッターナイフで何度も切れ目を入れていけば、うまくカットできます。
カットした面のバリなどで指などを傷つけないように、やすりで面取りしをします。そしてこじあけた面をセロテープもしくは、接着材で固定すればOKです。
以上で作業は終わりです。

◇組立・ディスプレイ
画像のように組み立てれば、縦型バッテリーボックススタンドの出来上がりです。
Id01_37_11 それぞれ抜き差し自由なので、従来のバッテリーボックス状態にはいつでも戻れます。
ディスプレイは2通り考えられます。

★ID-01の横に置く
Id01_37_13_1 なんとなくPS2風、或いはPCのタワー型ディスクトップ風の置き方です。
スイッチが前面にあり操作しやすく、バッテリー交換も側面から楽に出来ます。

★ID-01の後ろに置く
Id01_37_12 実は今回作業の本命は、この置き型にあるのです。
音声モジュールを床に置かず、縦置きバッテリーボックスの上又は側面に設置しようと思います。
どのように設置するかは、音声モジュールが来てから考えたいと思います。

◇装飾
ID-01のオリジナルカラーである、シルバー、白、黒になるよう、ベース部分のカラーは白、フロッピーディスクは黒を使用しました。尚、皆様ご存知のように、フロッピーディスクはカラフルなものが沢山出回っていますので、お好きなカラーを選んで見るのも良いかもしれませんね。

◇ジョーク
偏心動作確認のため、走行ユニットを2組作ったので、裏返して仮組みしてみました。
腰部モーターボックスと2つの走行ユニットの重量はなかなかのものです。Id01_37_19
 
◇トピックス
おにゃにゃさんからの情報です。
おなじみイタリアディアゴ社のパーツリストにNO.63-65が追加されました。

NO.63で5個の超音波ユニット(送信×2、受信×3)が勢ぞろいしました。Id01_37_20
 
NO.64で背中のランドセル枠に温度計ユニットが付きます。
この温度が、Bluethooth経由の携帯電話のコントロール画面に出てくるのですね。Id01_37_21
 
NO.65でブレッド・ボードが付きます。

このボードを使用して色々な電子実験が出来るようになります。Id01_37_22

更新(2006/11/10)

◇あとがき

今回の縦置きスタンドは形状、素材は自由にアレンジできます。
皆さんのアイデアで素晴らしい作品を作られてみては如何でしょうか?

次週のおさらいですが、音声モジュールに繋がるケーブルは3本あります。
・胸のマイクケーブル(黒)
・胸のスピーカーケーブル(黄)
・音声ボード接続用ケーブル(6芯リボンケーブル)
今のうちに確認しておくと、次週の作業が楽になりますね。

早く来い来い音声モジュールですね。

|

« 週刊myRobotを作ろう(32) | トップページ | 週刊myRobotを作ろう(34) »

コメント

のびたさん お久しぶりです。

のびたさんのブログを覗いて、仕事が大変そうな様子は知っていました。

>徒然なるままに「私を忘れないでね」のびたでした。

忘れはしませんので、お仕事のほう頑張ってください。

>あんまり貯めると面倒くさくなってしまうかもと思いつつ、取り組む時間が無いジレンマです。

お察しします。ロボ関係は止まったままのようですが、何れ時間が取れたときにでも、一揆にまとめて作ってください。モーターボックスはまとめて作った方が良いかもしれませんね。

私はバックライトがLEDタイプのLCDを壊して中を取り出しましたが、ID-01には厚すぎて使用できませんでした。
ノイズが発生しないので出来ればこのタイプを使用したいのですが残念です。

>今も、職場のパソコンからです。
ロボ君持ち込んじゃおうかなぁ~。

ロボ君は持ち込まない方が良い気がします。私も昔RCヘリ持ち込んで色々と・・・・・・。

ご苦労さまです。お忙しいなか、お体をご慈愛ください。

投稿: ふみのへや | 2006年11月12日 (日) 18:01

お久しぶりです。

多忙を理由に、ロボの改造実験はおろか、毎週の組み立てまで手が遠のいている今日この頃。
電源装置の作成も、バックライトの試行錯誤も
止まったままです。

あんまり貯めると面倒くさくなってしまうかもと思いつつ、取り組む時間が無いジレンマです。

今も、職場のパソコンからです。
ロボ君持ち込んじゃおうかなぁ~。

徒然なるままに
「私を忘れないでね」のびたでした。

投稿: のびた | 2006年11月12日 (日) 15:18

daisさん こんばんは

おやおや大変な事になっていますね。
全部で何号分が遅れてしまうのでしょうか?
ちょっときついですね。

もっとも、その分まとめて組み立てが出来るわけですから、色々な方の製作ブログを参考にすれば、完璧なID-01が出来そうですね。

先程、「週刊myRobotを作ろう(32)」に、ドライブシャフトの偏心運動について、一部追記をしたところです。宜しければご覧ください。

投稿: ふみのへや | 2006年11月11日 (土) 23:08

ヨッシーさん こんばんは。
始めまして、どうぞ宜しくお願いいたします。

明日のOFF時間を利用して、縦置きスタンドの工作をされるようですが、頑張ってくださいね。

また遊びにきてください。ありがとうございました。

投稿: ふみのへや | 2006年11月11日 (土) 22:50

あまりにも36、37号の到着が遅いのでD社にメールしたところ、8月分、22~27号の料金が未払いということでした。
同時に6冊分も納入した覚えがないので、きっと未納なんだろうなと思います。
おまけに振込用紙も見当たらずD社に送ってもらうことにしたので、振り込み用紙が届いてから納入して、さらに振込みが確認されるまで2週間・・・、その後発送されるまで・・・
そう考えるとかなり製作が遅れてしまいます・・・。

なのでふみのへやさんのレポートなどがとても楽しみです!
これからも楽しいレポートをお願いしますm(_ _)m

投稿: dais | 2006年11月11日 (土) 21:00

フロッピーのスタンドはいいアイディアですね。明日予定無いんで作ってみよう!

投稿: ヨッシー | 2006年11月11日 (土) 19:40

KENさん
もこさん
おにゃにゃさん こんばんは。

皆さんコメントありがとうございます。
音声ボードは待ち遠しいのですが、床置きにだけはしたくありませんね。

おにゃにゃさん、さすが早耳ですね。
温度計と、ブレッドボードですか・・・。
どうやら、バッテリケース周りを先に完成させるようですね。
ちょっと期待はずれでした。胴体と脚のジョイント部分、非常に興味あります。
情報ありがとうございました。

投稿: ふみのへや | 2006年11月10日 (金) 20:45

デアゴの部品PDFが65号までUPLOADされましたが、残念ながら予想が外れて、胴体と脚の合体はお預けのようです。

投稿: おにゃにゃ | 2006年11月10日 (金) 20:22

こんにちわ。スタンドはいい考えですね。家には使ってないテーブルがあるのでそこに広げたままおいていますが。音声ボード、楽しみです。来号は話せるようになるのかな?? 

投稿: もこ | 2006年11月10日 (金) 19:56

わたしも、音声ボード、待ち遠しいです。ほんと、<早く来い来い音声ボード>ですね。

投稿: KEN | 2006年11月 9日 (木) 21:55

daisさん こんばんは

定期購読の36~37号はどうしたんでしょうね?私のところには、いつもより1日早くきました。早く来ると良いですね。

自立スタンドは是非、素晴らしい作品をお作りになってください。

私はあの後、本体と直付けするタイプの"逆T字型"スタンドを作ってみました。
持ち上げた途端、本体とバッテリーボックス双方の重さに耐え切れず悲惨な結果となりました。

次号で音声ボードを装着すると、高性能化するとともに重さも増えていきますね。

投稿: ふみのへや | 2006年11月 9日 (木) 20:40

うちにあるフロッピーを使って自分もスタンドを作ってみようと思います。やはり音声ボードを床に投げ出したままなのは嫌ですもんね。

ですが郵送での定期購読の自分には何故かまだ36、37号すら届いていません・・・。
いつもは遅くても木曜日には届くのですが・・・。
携帯のブルートゥースやら湾曲のチェックやらをしたかったので残念です。

にしてもついに次回は音声ボード、どんどん高性能ロボットに進化していきますね!

投稿: dais | 2006年11月 9日 (木) 18:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週刊myRobotを作ろう(33):

« 週刊myRobotを作ろう(32) | トップページ | 週刊myRobotを作ろう(34) »