« 週刊RoboXeroを作ろう(05) | トップページ | 週刊ROBIを作ろう(01) »

2013年2月24日 (日)

ラジコンシミュレーターで空撮シミュレーション

もうすぐ春ですね!
桜並木や田舎の校舎上空を、なめらかに空撮している動画がYouTubeにアップロー­ドされています。

調べてみると、ラジコンヘリ(マルチブレード)にビデオを搭載し撮影されたもののよう­です。
撮影した動画をリアルタイムで伝送し、モニターを見ながら操縦するのがベストとか・・­・
なんとかトライしてみたいものです。
Capturewiz002


そこで、まずはラジコンシミュレーター(RealFlight 6.5)でマルチブレードヘリに挑戦してみました。


この動画下枠の右側にある四角印をクリックすると大きくなります
再生中、下枠の歯車印をクリックすることでハイビジョン(HD)画質に切替可能です

 
普通のヘリコプターとは異なり、前後対照的な形状をしている事から、遠距離になるほど直視­しながらの操縦はかなり慣れが必要のようです!!
以前、機長2m弱のラジコンヘリ、飛行機を飛ばしていた私にとって、この形状とコンパクトさには刺激を受けます。
そして機体が遠くに離れ、被写体に近寄ったところで、搭載カメラモードに切り替えコントロールを続けます。

構造物、樹木の近くを通る時には、思わずオーバーコントロールになってしまい、滑らか­な動画を撮るのには、かなりのテクニックが必要のようです。
それと、ビデオカメラを支えるマウントは、機体の動きに影響を受けない3軸制御のスタビライザーにすると、目的のアングルでかつ、滑らかな動画が撮れそうです。

墜落による高価な機材のダメージを考えると、とりあえずは、超小型のマルチブレードへりでも手に入れて、実際の感触を試してみるのも良いかもしれませんね。

■ロビー
ところで、デアゴから新しいロボットが出ました。
Robipicter01
キュートな格好をした、二足歩行ロボット「週刊ロビー」です。
「ロボザック」「ロボゼロ」などに比べ、サーボがカバーに覆われ見えないので、より多くのファンが増えるかもしれません。
また、サーボはデイジーチェーン(芋づる)接続という技術を取り入れていて、配線周りがスッキリとまとまりそうです。

とりあえず、地方版の1~5号まで手に入れ、組み立てをはじめました。
全国版が2月中旬から始まりましたので、このブログにもコーナーを設け、記事をアップしようか・・・とも考えています。

|

« 週刊RoboXeroを作ろう(05) | トップページ | 週刊ROBIを作ろう(01) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 週刊RoboXeroを作ろう(05) | トップページ | 週刊ROBIを作ろう(01) »