« 週刊ROBIを作ろう(82) | トップページ | 週刊ROBI2を作ろう(02) »

2017年11月 7日 (火)

週刊ROBI2を作ろう(01)

みなさま、ご無沙汰しております。
一年以上ブログの更新が途絶えてしまい、まことに申し訳有りませんでしたm(_ _)m

各地から紅葉のたよりが、そして、北国からは降雪などなど、季節は秋から冬へ向かって動いているようです。
我が家でも、毎朝、落ち葉の掃除がかかせません。
Illust1935

●「週刊ロビ2」
現在、「週刊ロビ2」が毎週火曜日に発売されています。
全国版は2017/06/06からの開始以来、現在22号(2017/11/07)迄が、発売されております。

今後、「ロビ2」の関連記事を書くにあたり、「従来のロビ」と、新たな「ロビ2」を識別するために、これからは、従来ロビを「ロビ1」と呼ぶ事にしようと思います。

いままでの「ロビ1」と、大きさ、構造など、ほぼ同じ内容の「ロビ2」は、「CPU」が来る48号くらいまでは大きな変化が期待できないように思い、あえて開封する気がしませんでした。
そのため、ここ数ヶ月は定期購読分が山積み状態になっておりました。

そんな中、miconoさんが、「ロビ1・ロビ2で使用できるマルチなテストボード」を発表された・・との情報が入りました。
以前から気になっていた「ロビ2」の新しいサーボを確認したかった事もあり、とりあえず1~8号までの開封、及び組み立て作業を行なってみました。Robi2_04
組み立て済みの「ロビ2」と、「週刊ロビ2」未開封分(9~21号)

今回、「ロビ2」を1号~8号まで組み立てたところでの印象は、「ロビ1」に比べて非常に組み立てし易くなったという事に尽きると思います。

どちらかというとアバウトに組み立てられる「ロビ1」に対し、「ロビ2」は、各パーツにある接合面のガイド(凹凸)がある事により、パーツ同士がキッチリと噛み合うように設計されています。
このアイデアにより、「ロビ2」は、多くの幅広いスキルのユーザーさんが、安心して組み立てが可能になったような気がします。
反面、改造を試みたい「改造フリーク」の皆様にとっては、融通が利かない場面に遭遇する可能性が捨てきれないような気がします。

●「ロビ2のテストボード」
こんどの「ロビ2」でも、サーボIDを書き込むのは「テストボード」の役目です。

わたしは、「ロビ1」と同様、ID書き込みが楽なように「テストボード」は、下の画像のように電池ボックスと一体になった「独立タイプ」にしました。
と、言っても、「ロビ1」作成時に改造した「独立タイプテストボード」のネジを緩め、「ロビ2」用のボードと入れ替えただけの話しですが・・・
とり外した「ロビ1用のテストボード」は、「ロビ2」の上半身(1~8号)の背中(赤丸印)に格納しました。
Robi2_05a
左:「ロビ2用テストボード」 右:背中に「ロビ1用テストボード」(赤丸印)

尚、独立タイプのテストボードについては、『週刊ROBIを作ろう(12)』 の記事後半で、簡単にですが解説しております。
Robi2_07
「ロビ2用独立タイプのテストボード」

今回、「ロビ2」のテストボードは、複数のサーボを繋げた状態(デイジーチェーン接続)でも、IDナンバーを指定さえすれば、動作テストを行なえるようになりました。
組み立てた状態での動作テストが不可能だった「ロビ1」の頃から比べると、随分、機能アップが図られたものですね。

さらに「1~39」迄の「ID番号の書き込み」、及び、「動作確認」が行なえるようになりました。
Illust2702

●「RSTester」
当ブログ次の号では、「ロビ2」開封のきっかけを作った、miconoさん開発の「ロビ1・ロビ2で使用できるマルチテストボード(RSTester)」について触れてみたいと思います。
Rstester1s
miconoさんが開発されたマルチサーボテスター(RSTester)

実際、わたしもこのアイテムを入手し使用してみました。
「組み立て中にあるとこの上なく便利」な機能も、盛りだくさんです。
画像、出来れば動画等を交えて、次号では詳細な解説していきたいと思います。

つづく

|

« 週刊ROBIを作ろう(82) | トップページ | 週刊ROBI2を作ろう(02) »

コメント

ふみのへや再開されていたのですね、今日まで気が付きませんでした。

周囲から、よく続くねと笑われながらロビを楽しんでいます。

もちろんロビ2も続行しています。楽しい記事期待しています。

投稿: よしべー | 2018年2月27日 (火) 08:20

よしべーさん こんにちは ご無沙汰しております。

ロビに続き、ロビ2も続読された・・との事、なによりです。

ロビ2の現在は、従来とあまり変わらぬ組み立てが続いておりますが、これから先、新タイプの「腰の充電ジャック」から始まり、その後、「電気回路」「CPU」「ドットコードリーダー」など、新しいパーツが50号までに登場してきます。
これから先が、物凄くたのしみです。

最終80号まで、お互いに頑張りましょう!

ありがとうございました。

投稿: ふみのへや | 2018年2月27日 (火) 11:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 週刊ROBIを作ろう(82) | トップページ | 週刊ROBI2を作ろう(02) »