« 週刊ROBI2を作ろう(02) | トップページ | 週刊ROBI2を作ろう(04) »

2017年11月30日 (木)

週刊ROBI2を作ろう(03)

■更新情報 動画「国際ロボット展2017」を追加(2017/12/5)

街には、クリスマスの飾りつけがちらほら見かけられるようになってきました。
併せて夜のとばりは早く、犬の散歩は急がないと帰り道が真っ暗に・・

季節は、着実に師走へ向かって走り出しています。
01s_3
この時期は夕焼けがきれい (iPhoneで撮影)

季節はどんどん変わっていくものの、「ロビ2」は相変わらず右脚の組み立てが継続中です。

そんな中、定期購読分の「ロビ2(24号~25号)」が届きました。
サーボモーターと、「右ひざ」と「右すね」周りのパーツ・・・との事です。

「ロビ1」が完成した今、「腕」や「脚」については目新しい組み立ては期待できません。
そこで、右脚のパーツが一通り揃う「週刊ロビ2(28号)」が届いたら、19~28号の組み立てを開始しましょうか・・・

今までの配達実績を元に算出したところ、28~29号が届くのはクリスマスイブ(2017/12/24)のようです。
早く来いこい、クリスマス♪♪
Dsc_2009s
配達された「ロビ2(24号~25号)」


Illust1935

●ロビ2専用セグウェイ
先日、『「週刊ロビ2」創刊記念イベント(2017/06)』の会場で、ロビ2のモビリティ(電動立ち乗り自転車)が紹介され、その様子がマスコミ各社から報道されたのは、皆様のご記憶に新しいのでは・・・と思われます。
Robi2_segway01s
Youtube「ロボットが乗りこなすセグウェイ」よりキャプチャー

動画では、ロビ2の体重移動により、スムースな前後進、左右旋回の様子が映しだされていました。
この「ロビ2専用セグウェイ」が「むしょうに欲しい・・」と思われたのは、私だけではないと思います。
「ロビ2」が完成するあたりには、是非、製品化して欲しいものです。

デアゴ社が「ロボットが乗りこなすセグウェイ」という動画をYoutubeで公開しています。

Youtube「ロボットが乗りこなすセグウェイ」より

○過去にあったセグウェイの構想
さて、このロビ専用立ち乗り自転車(セグウェイ)ですが、実は「ロビ1」の頃からその構想があったのをご存知でしょうか?

『ふみのへやロボットのまき「週刊ROBIを作ろう(33)」(2013/10/8)に、『デアゴ社が「セグウェイ風ロビの立ち乗り自転車」の製品化についてアンケートをとっている・・・』、との記事が載っています。
リンクを張っておきましたので、宜しければご訪問いただければ・・なによりです。
その時の画像がこれです。
Robi_vehicle01_5
セグウェイ(segway)のような「Robi立ち乗り自転車」

当時、「セグウェイタイプのモビリティ登場」をかなり期待していたのですが、実際に製品化されたのは、皆様おなじみの『3輪タイプの「ロビクル」』でした。

「ロビクル」のデザインはなかなかのものですが、セグウェイの構造に期待していた分、かなりがっかりしたのを覚えています。
Ph_03s
かわいいロビクル(デアゴ社より)

そのようなわけで、「ロビ2」のモビリティには、是非ともセグウェイタイプを切望したいところです!!

皆様ご存知のように、セグウェイの原理は「倒立振子」という「ひっくり返した振り子を倒れないようにする」という、昔からあった制御技術です。

かなり昔の事になりますが、「16ビットパソコン(PC9800)にシリアルプリンターを繋いだ実験」に参加した事を思い出しました。

現在は、半導体のジャイロやモーションセンサーがあり、「倒立振子」のキットも出回っていますので、比較的簡単に「構造」、「プログラム」に触れる事が出きるのではないでしょうか・・
「倒立振子の実験」については、ヴィストン社より「ビュートバランサー2」というキットが発売されており、気軽に実験が楽しめそうです。

ヴィストン社の「ビュートバランサー2」の動画

このキットは、「倒立振子」の原理、構造、プログラミングなどに触れたい向きには最適なものではないか・・と思われます。
Balancer09a_2
ヴィストン社の「ビュートバランサー2」のキット

一方、他の方法として、Arduinoとステッピングモーターを使用した実験例などもネットに色々出ているようです。

「ロビ2専用セグウェイ」が発売されるかどうか分りませんが、ご興味がおありの方は、この時期、事前にいろいろトライされてみるのも良いのでは・・・と思われます。

「倒立振子」の実験、面白そうなので、わたしもそのうちトライしてみようか・・・と思っています。

Illust2702

●国際ロボット展
東京ビッグサイトで開催されている「国際ロボット展」に行ってきました。
日本をはじめ世界さまざまなメーカーから、ロボット(主に工業ロボット)などが展示されています。
Map_s
国際ロボット展マップ(画像クリックでPDFが開きます)

前日の快晴とはうらはらに、一日中雨模様・・・という事で、混雑が緩和されているのでは、と淡い期待を抱いていったのですが、開場真近というのに超満員。
幸い、ネットで事前登録をしていたお陰で、すんなり入場できました。

会場内は、来場者と出展者で溢れ、熱気むんむん。
ファクトリー系のロボット達が、夫々のブースでところ狭しと動き回り、正確でスピード感のある仕事のデモンストレーションを披露していました。
いろいろ見てまわる中で気付いたのは、ファクトリー系のロボット達の中にも、顔や手がついたヒューマノイドを感じさせるロボット達がいました。

以下の画像は、わたしのビデオ動画からキャプチャーしました。
あまり鮮明な画像ではありませんが、宜しければご覧いただければ・・・と思います。
尚、駆け足で取材した事もあり、各ロボットの出展社名は把握できておりません。
どうかご了承ください。
Robofes01s
人間の手とほぼ同サイズのロボットハンドを装着

PCでご覧の方は、画像クリックで拡大してご覧になれます。

ロボットハンドが人間と同じサイズ・・・という事は、人間が使用するドリルなどの一般工具がそのまま使用できる・・・という事になります。
ロボットハンドを装着したロボット導入は、既存の生産ライン環境・工具類などを、かなり残した形でリプレイスが行なえ、効率化が図れるのでは・・・と考えられます。
(現実は、そう単純ではないかもしれませんが・・)

さて、お次は、人間のようにビールを注ぐビア・ロボットです。
グラスを傾け、注ぎ終わる直前にビール瓶を揺すり、クリーミーな泡を注ぎます。
のちほどご覧いただく、「国際ロボット展」の動画でお確かめ頂ければ・・と思います。
Robofes02s
ビールを注ぐロボット 最後にビンを揺すって泡を注ぐ

つづいてはヒューマノイドやキャラクター系ロボットです。
Robofes03s
皆様おなじみのヒューマノイド系ロボット

Robofes04s
仏像ロボットでしょうか・・・ 子供達にも大人気

Robofes06
なんとなく癒されるキャラクター系ロボット

Robofes07s
皆様の大好きな、音声で受け答えする受付ロボット

人間のパワーをアシストする、モバイルスーツ、電動人力車なども展示されていました。
これから、運輸、介護など多くの仕事に浸透していくのでは・・と思われます。
Robofes05s_2
楽々と重量物を持ち上げ可能なパワーアシストスーツ

Robofes10s
車夫さんも喜ぶ「電動アシストの人力車」 

一方、「ロビ2専用セグウェイ」の項で紹介しました「倒立振子」型のロボットも出展されていました。
外見は非常にスリムできゃしゃに見えますが、ゲストが前後からボディを押したりしていましたが、平気で安定を保っていました。
Robofes09s
非常にスリムな「セグウェイ型2輪走行ロボット」

○「国際ロボット展2017」の動画(2017/12/5追加)
大変遅くなりましたが、「国際ロボット展」のHD動画です。

展示されている多くのロボット達、これらの全てを紹介する事は困難です。
そこで、わたしが見学して気に掛かった(僅かながらの)ロボット達の紹介・・・という事でご容赦お願いいたします。

宜しければ、ご笑覧いただければ幸いです。


「国際ロボット展2017」のHD動画

○見学は早めの時間帯がお勧め
国際ロボット展というだけあって、来場者も、出展者も外国の方が多く、いろいろな言語が飛び交っていました。

そして、平日だったにも関わらず、午前11時以降からは一揆に人が増え始めました。
ある程度じっくりご覧になりたい方は、目的とするブースの場所を事前に把握して、かつ、早めの入場をお勧めします。

「国際ロボット展フロアマップ(PDF)」のリンクを張っておきますので参考にされて頂ければさいわいです。

「国際ロボット展」、エキサイティングな半日を過ごし、疲れた脚を引きずって帰路につきました。
Illust2702

つづく

|

« 週刊ROBI2を作ろう(02) | トップページ | 週刊ROBI2を作ろう(04) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 週刊ROBI2を作ろう(02) | トップページ | 週刊ROBI2を作ろう(04) »