« 週刊ROBI2を作ろう(18) | トップページ | 週刊ROBI2を作ろう(20) »

2018年9月11日 (火)

週刊ROBI2を作ろう(19)

皆さん、こんにちは。

ニュース等を見ていると、台風や、大地震の爪あとは未だに大きく、復旧にはまだまだ時間がかかると思われます。
被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

Illust1935

今号は、「週刊ロビ2(62号)」と、「週刊ロビ2(63号)」についての記事となります。

●「週刊ROBI2(62号)」

Robi2_46a
「週刊ROBI2(62号)」

●左目に人感センサーを取り付け、絵本スタンドを完成させる

左目を分解し、新しい黒目の奥に人感センサーを取り付けます。
人が近くにいるかの感知をし、そちらに顔を向けて反応させます。
Robi2_46b
パーツリストより

①新しい目
②人感センサー
③反射テープ
④センサーホルダーA
⑤センサーホルダーB
⑥すべり止めシール(絵本スタンド用)
⑦M2×4.5mmなべネジ

○左目を取り外す
Robi2_46c
組み立てガイドより

1~2)頭部の左側にある2本のネジ(M2×4.5mmネジ)をゆるめて抜き、保管する
3~4)頭部から左目を外すが、遮光テープ巻いた白目と目のフレームを分解しないように気を付け、黒目だけを外す
5)外した黒目はもう使用しないので、反射テープ部分に「×」などの目印を付けておく

一方、旧ロビをお持ちの方は、外したこの黒目を流用できるかもしれませんね。

○新しい目を作る
Robi2_46d
組み立てガイドより

6)新しい黒目の側面に小さな円の刻印がある事を確認
7)黒目表面のビニールに3箇所のタブがある事を確認
8)反射テープの裏紙を剥がし、黒目の側面に貼り付けていく
9)7で確認したタブを貼り付けないように気をつけ、一周を張り終えたらしっかり押さえる
10)4で外した目のフレームに、新しい黒目をはめて組み合わせる
   その際、白目と黒名を平行に、奥までしっかり差し込む
11)黒目表面のビニールのタブが3ヶ所、白目の外にはみ出ている事を確認する

○人感センサーを取り付ける
Robi2_46e
組み立てガイドより

12)「センサーホルダーA」と「センサーホルダーB」を用意
   「A」には突起が、「B」に穴がある事を確認する
13)人感センサーのセンサー部分を手前に、LEDが左右になるような向きにする
   センサーホルダー「B」の切り欠きを、LEDにかぶせるようにはめる
14~15)センサーホルダー「A」を同様にはめ、小さな突起と穴を合わせて差し込む
16)10で組み立てた目と、人感センサーを画像のように持つ
17)センサーホルダーを人感センサーにはめて、2つのネジ穴に合わせる
18)M2×4.5mmなべネジ2本を使用して固定する

このコネクターには、「センサーのLEDケーブル(64号)」、「口のLEDボード(65号)」が接続される予定ですので、わたしは、62~65号の作業をまとめて行なおうか・・と思っています。

○絵本スタンドに
Robi2_46f
組み立てガイドより

19)絵本スタンドのボトムパネルの裏にある4つの円形の窪みを確認する
20)滑り止めシールから台紙を剥がし、4箇所の窪みにそれぞれ貼り付ける

○パーツを保管
Robi2_46g
組み立てカイドより

新しい黒目と、反射テープは63号で使用しますので、大切に保管します

○62号の完成
Robi2_45i
組み立てガイドより

左目に人感センサーが取り付けられ、絵本スタンドが完成しました。

Illust3781_2

●「週刊ロビ2(63号)」
Robi2_47a
「週刊ロビ2(63号)」

●右目に赤外線送受信ボードを取り付け、充電チェアの組み立てを始める


前のロビでは、左右の目にある人感センサーで、左右の人の感知を判断していました。
一方、ロビ2では、人感センサーは左目だけ、右目には赤外線送受信ボードが搭載されます。
おそらく、左右の人の感知は、おでこのカメラによる画像認識で行なわれのでは・・と思われます。

今後の作業は、右目を分解し、赤外線送受信ボードを取り付けます。
さらに、充電チェアの組み立てが始まります。
Robi2_47b
パーツリストより

①赤外線送受信ボード
②アイサポーター
③バックカバー(充電チェア用)
④フロントカバー(充電チェア用)
⑤LEDカバー(充電チェア用)
⑥M2×4.5mmなべネジ

○右目を取り外す
Robi2_47c
組み立てガイドより

1~2)頭部の左側にある2本のネジ(M2×4.5mmネジ)をゆるめて抜き、保管する
3~4)頭部から左目を外すが、遮光テープ巻いた白目と目のフレームを分解しないように気を付け、黒目だけを外す
5)外した黒目はもう使用しないので、反射テープ部分に「×」などの目印を付けておく

一方、旧ロビをお持ちの方は、外したこの黒目を流用できるかもしれませんね。

○新しい目を作る
Robi2_47d
組み立てガイドより

6)新しい黒目の側面に小さな円の刻印がある事を確認
7)黒目表面のビニールに3箇所のタブがある事を確認
8)反射テープの裏紙を剥がし、黒目の側面に貼り付けていく
9)7で確認したタブを貼り付けないように気をつけ、一周を張り終えたらしっかり押さえる
10)4で外した目のフレームに、新しい黒目をはめて組み合わせる
   その際、白目と黒名を平行に、奥までしっかり差し込む
11)黒目表面のビニールのタブが3ヶ所、白目の外にはみ出ている事を確認する

○赤外線送受信ボードを取り付ける
Robi2_47e
組み立てガイドより

12)アイサポーターを用意し、円柱が細くなっている方を手前にし、片方が円弧、反対側が直線になっている事を確認する
13)組み立てた新しい目のフレームのとんがりタブを右に、アイサポーターの直線を右にして、目のフレームにアイサポーターをはめる
14)目のフレームのフチと同じ高さまでアイサポーターを押し込む
15)赤外線送受信ボード基盤の平らのカットされた方を、左側に、目のフレームのとんがりタブを右にして、赤外線送受信ボードをかぶせていき、上下2つのネジ穴を合わせる
16)M2×4.5mmなべネジ2本で、目のフレームに赤外線送受信ボードを固定する

○充電チェアのフロントカバーに、LEDカバーとバックカバーを取り付ける 
今回、最初に感じたのは、充電チェアの色です。
旧ロビの時は派手な黄色だったのですが、今回は随分と落ち着いた色ですね。

ま、それはさておき、今号の作業に入りましょう。
Robi2_47f
組み立てガイドより

17)フロントカバー(充電チェア用)と、台形をしたLEDカバーを図のように持つ
18)フロントカバーの四角い穴に、内側からLEDカバーを方向間違えないように差し込む
19)バックカバーとフロントカバーを図のように持ち、2つのネジ穴と円柱状のネジ穴を合わせて差し込む
20)底面から見る向きで、M2×4.5mmなべネジ2本で、赤丸印2ヶ所を固定する

○63号の完成
Robi2_47g
組み立てガイドより

右目に「赤外線送受信ボード」が取り付けられ、「充電チェア」の前後のカバー取り付けが完了しました。

Illust3781_2_3


●ロビライド情報公開(第三弾)

この記事は「週刊ロビ2(56号)」に掲載されたものです。
当時、ブログ更新に追われており、この記事が抜け落ちていましたので、その内容をダイジェストで追記しようと思います。

「ロビライド」は、発案、デザイン、プロトタイプの製作まで、高橋智隆さんの完全監修によるものだそうで、ここから先は、製作や量産設計に携わった、ヴィストン社(今川さん)からの解説内容です。
Robi2_47h
ロビライド情報公開(第三弾)より

○ロビライドが倒れない仕組み
ジャイロセンサー(回転速度取得)によりバランスを取り、エンコーダー(タイヤ回転量取得)により、現在位置にとどまったり、指定した速さで動ける。

○ロビが操作する仕組み
加速度センサーにより、ロビの体重移動の傾きを検出、前後に移動出来る。

○ロビライドの特徴
倒立振子型の乗り物に、「可動するスタンド」を搭載しているのが特徴です。

○可動スタンドはボタンで制御
ロビがボタンを押す(腕を振り下ろす)事で、可動スタンドが制御される。

○ロビライドの速度
時速約1.2Km/h

○ロビに上手に乗らせるには
ロビライドの底面にある足載せに乗れる位置にロビを置くのがコツ。

○ロビ以外のロボットが乗れるか?
ロビ以外は乗れない。

○走行に適した場所
毛足の短いパンチカーペットや、フローリングの床など。

内容は、以上です。

来年2月以降となりますが、オーダーした「ロビライド」が到着するのを、わくわくしながら待っていま~す。

Illust2702


このところ、駆け足でブログを更新してきましたが、今号を持ちまして、やっと追いつきました。(ゼイゼイ・・)

誤字あるいは、内容的にはしょっている部分などがあるようですので、いずれ動画などを含め、追記・補記しようか・・と思っています。

宜しくお願いします。

つづく

|

« 週刊ROBI2を作ろう(18) | トップページ | 週刊ROBI2を作ろう(20) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 週刊ROBI2を作ろう(18) | トップページ | 週刊ROBI2を作ろう(20) »