« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月11日 (火)

週刊ROBI2を作ろう(25)

みなさん こんにちは!
暦はいよいよ師走に入り、此のところ寒い日が続いています。

ご覧のように我が家の庭でも、北風に落ち葉が舞い散っています。
ここ暫くは、毎日?竹ぼうきの出番ですね。
Iphonexsmax03
寒風に落ち葉が舞い散る

話は変わりますが、iPhoneの機種変更を行ない、気になっていた新機能のひとつを試してみました。

まず「カメラ」アプリを立ち上げ、「ポートレート」「スタジオ照明」と設定する事により、「望遠側のレンズ」に切り替わります。
早速、庭の「つわぶき」で試してみました。

被写体にピントを合わせ、シャッターボタンを押します。
ちなみに、わたしはiPHoneの側面にある「ヴォリュームUPボタン」を、シャッターボタンとして使用しています。

撮影が完了したら、「写真アプリ」を立ち上げ、撮れた画像を「編集モード」で立ち上げます。
下の「f値によるボケ味の比較画像」をご覧下さい。

デフォルトの画像は、「f14」で全体にピントが合っています。(左側)
絞りの「f値」を指で右にスワイプし、「f1.4」まで絞りを開けますと、画像右側のように、背景がかなりボケてきます。

この絞り値は、「f14~f1.4」の間をシームレスに調整する事が可能です。
Iphonexsmax01
「f値によるボケ味」の比較画像(左:f14、右:f1.4)

これからの寒い季節には、家でじっくり温まりながら、スマホで遊んでみるのも良いかもしれませんね。

Illust1935

さて、本題に入りましょう。

前号ブログでお伝えしました通り、デアゴ社の都合で『「ロビ2」の発売スケジュール』が大幅に変更されました。

そのスケジュールによると、12月は「週刊ロビ2(74号)」が1冊だけとなります。
なんとも悲しい状況ですが、今年最後となる、74号の記事をお届けします。

●「週刊ロビ2(74号)」
Robi2_63a
「週刊ロビ2(74号)」

●「赤外線リモコンボード」を取り付ける
「赤外線リモコンボード」は旧ロビにもありましたように、「テレビのリモコン操作が出来るボード」の事です。
その仕組みは、「テレビのON/OFF」「チャンネル切り替え」「音量調整」などの赤外線リモコン信号を出し、テレビをコントロールします。

リモコン信号は各メーカーにより異なる事から、リモコン中央右側にある「リセットSW」、「ディップSW」などで夫々メーカーに合わせた設定を行う必用があります。

尚、ボードの取り付けはロビ頭部の右側に、そして実際の操作は後の号となるようです。
Issue_74_2a
パーツリストより

①「赤外線リモコンボード」

○3本のケーブルを接続する
Robi2_63b
Robi2_63c
Robi2_63d
Robi2_63e
組み立てガイドより

1)頭部を上から見るような位置に「赤外線リモコンボード」を持つ
 そして、「頭部前方から出ている2本のケーブル」、「後方右側のケーブル」の合計3本を「赤外線リモコンボード」に接続するようにする

2)前方から出ている「リモコンー右目ケーブル」のコネクタ(金属面)を手前に向け、「赤外線リモコンボード」の前方(写真では奥)のコネクタに差し込む

3)接続が間違っていないか写真を見て確認する

4)次に、「口-画像処理ケーブル」のコネクタ(金属面)を左に向け、「赤外線リモコンボード」も右側前方(写真では右奥)のコネクタに差し込む

5)最後に、後方「RTCボード」から出ている「口ー画像処理ケーブル」のコネクタ(金属面)を左に向け、「赤外線リモコンボード」右側後方(写真では右手前)のコネクタに差し込む

○「赤外線リモコンボード」を頭部の右側に取り付ける
Robi2_63f
組み立てガイドより

6)頭部右側の「ヘッドフレーム」と「ヘッドベース」にある3つのネジ穴(赤丸印)に合わせて、「赤外線リモコンボード」を置く

7)保管しておいたM2×4.5mmなべネジ3本を使って固定する

○74号の完成
Robi2_63g
組み立てガイドより

以上、74号の作業で、「赤外線リモコンボード」が取り付けられました。

○「動作テスト」
例によって、わたしはロビ2の動作テストが出来るように配線を変えてみました。
この作業はデアゴ社のマニュアルには載っていません。
トライされる方は自己責任でお願いします。
Robi2_63h
このように配線すると・・・

Robi2_63i
動作テスト中

無事、動作テストが行なえました。

Illust2702

デアゴ社の発売スケジュールの変更により、次号(75号)から先は、2019年1月以降となります。
従いまして、当ブログも来年からの更新となります。
どうか宜しくお願い致します。

本年中は、いろいろお世話になりました。
皆様、どうぞ良い年をお迎え下さい。

つづく

| | コメント (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »