« 2018年11月11日 - 2018年11月17日 | トップページ | 2018年12月9日 - 2018年12月15日 »

2018年11月27日 (火)

週刊ROBI2を作ろう(24)

みなさん こんにちは!
11月に入り、肌寒さが日に日に感じられるようになってきました。
そして、季節とともに庭の木々達も、紅葉が始まりました。

なかでも「サルスベリ」の紅葉は、緑から赤に変わる色の変化に感動し、思わずシャッターを押してしまいました。

構図が躍動感に乏しかったので、写真アプリで変化をつけてみる事にしました。
そして、美しい色彩は原色のままに・・・という事にしました。
Autumnleaves01
題して「季節が回る」 Photo by Fumi

Illust1935


●「お届けスケジュールに関する重要なお知らせ」
先日、「72~73号」とともに、デアゴ社から上記内容のお知らせが届きました。

なんでも、『「音声認識ボード(75号予定)」に一部不具合がある事が分り、部品と修復作業に時間が必要・・・』、あわせて、『これに伴い、お届けスケジュールの変更が生じる・・・』との事で、そのお詫びとともに、以下のスケジュール表が添付されていました。
Robi2_62n
変更後の「お届け予定表」(画像クリックで拡大)

これを見ますと、『週刊ロビ2最終80号(音声認識ボード)』は、2019年3月19日となってしまいました。
Issue_80_a
リリースが80号(2019/3/19)まで伸びた「音声認識ボード」

ロビ2の完成日(終着点)がどんどん遠ざかっていく感がします。
ガンバレ! デアゴ社!!

尚、「ロビライド」は、予定通り2019年2月中旬より順次発送を開始するとの事です。
「ロビライド」を早く注文された方は、乗り物の方が先に完成してしまうかもしれませんね。

Illust2702_2

さて、本題に戻りましょう。
今号は、「週刊ロビ2(72号)」と「週刊ロビ2(73号)」の記事です。

●「週刊ロビ2(72号)」
Robi2_61a
「週刊ロビ2(72号)」

●「マイクボード」を取り付ける
72号では、「マイクボード」に「マイク-音声認識ケーブル」を接続し、「フロントヘッドカバー」に取り付けます。

Issue_72_2
パーツリストより

①マイクボード
②マイク-音声認識ケーブル

○「マイク音声認識ケーブル」を接続する
Robi2_61b
組み立てガイドより

1)「マイク音声認識ケーブル」の両端は同じ形状(表:白く平ら、裏:金属面)
2)「マイクボード」のコネクターに、「マイク音声認識ケーブル」の金属面を手前に向け接続する

○「フロントヘッドカバー」に取り付ける
Robi2_61c
Robi2_61d
組み立てガイドより

3)「フロントヘッドカバー」の2つの穴を確認する
  下の大きな穴がカメラ用、上の小さな穴がマイク用
4)「マイクボード」表面の白い四角い部分がシリコンマイク
  裏面の同位置に小さな穴と、3で確認した小さな穴と合うようになっている
5)「フロントヘッドカバー」と「マイクボード」を合わせてネジ締めをおこなう
6)白いコネクタ部分を押さえて、M2×4.5mmなべネジ2本で固定する

○72号の完成
以上の作業で、「フロントヘッドカバー」に「マイクボード」が取り付けられました。
「フロントカバー」は、下画像のように頭部に載せておく事もできます。
Robi2_61e
組み立てガイドより

Illust3781_2

●「週刊ロビ2(73号)」
Robi2_62a
「週刊ロビ2(73号)」

●左右のボディを組み合わせ、「Bluetoothボード」を取り付ける
73号についてくる「Bluetoothボード」は、ロビ2とQ-boが無線で通信するためのものです。

今回、「Bluetoothボード」を左ボディの内側に取り付けますが、まず、左右のボディを組み合わせ、マイコンボードに接続したケーブルを「Bluetoothボード」に接続してから、左ボディ内にネジ止めします。

Issue_73_2a
パーツリストより

①「Bluetoothボード」

○左右のボディを組み合わせる
Robi2_62b
Robi2_62c
Robi2_62d
組み立てガイドより

1)「左ボディ」を用意し、左肩からサーボケーブルを持ち上げ、指でつかんで、なるべく真っすぐになるように伸ばしておく。
2)そのサーボケーブルを、「右ボディ」にある「腰サーボモーター」とボディ間の隙間に通し、右下方向から出す
  さらに「左ボディ」を近づけながら、「サーボケーブルの先端」を、「腰サーボモーター」の右側3~4cmのところまで引き出す
3)続いて左右ボディの合体をを行います
  「右ボディのスピーカーバー先端」を左ボディに少し差し込む
  「左肩のサーボケーブル」を「スピーカーステー」で挟まないように指で逃がしながら、左右のボディを組み合わせていく

Robi2_62e
Robi2_62f
Robi2_62g
Robi2_62h
組み立てガイドより

5~6)「左ボディの首部分にある大小2つのくぼみ」と「右ボディの大小のツメ」が下になるように丁寧に組み合わる
 また「左ボディ後方にある小さな穴」と「右ボディ後方にある小さな突起」を確認しておく
7)ボディ正面にある4箇所(赤丸印)の位置あわせガイドに合わせて組み立てていく
8)これらの作業(首周り・胴付近)をしっかり確認しながら、確実に組み合わされているか確認する
9)組み合わせたボディを下から見て、「左肩からのサーボケーブル」が「スピーカーステー」の隙間から出ている事を確認する
10)スピーカーステーの下の左ボディにあるネジ穴に、M2×4.5mmなべネジで、左ボディを固定する

○左肩の「サーボケーブル」を「マイコンボード」に接続する
Robi2_62i
組み立てガイドより

11)左肩の「サーボケーブルのコネクター」を、マイコンボードの下から2番目にある「LARM」と印字されたコネクタに接続し、保護シールを貼る
  尚、サーボケーブルの接続はきちんと、確実に行なう必要がある

○「Bluetoothボード」を取り付ける
Robi2_62j
Robi2_62k
Robi2_62l
組み立てガイドより

12)「マイコンボード」に接続されている「Bluetoothボードケーブル」のコネクタの白い平らな面を手前に向けて、「Bluetoothボード」にしっかり差し込む
13)左ボディの円柱のネジ穴と、段差になっている部分を確認する
14)「Bluetoothボード」を裏返し、段差の部分に「Bluetoothボード」をはまるように置き、ネジ穴を合わせる
  また、「左肩のサーボケーブル」が「Bluetoothボード」の下側になるように置く
15)M2×4.5mmなべネジで「Bluetoothボード」を固定する

○73号の完成
ついに、左右ボディが組み合わされ、「Bluetoothボード」が取り付けられました。
「フロントヘッドカバー」を頭部に載せておく事もできます。
Robi2_62m
組み立てガイドより

73号の作業は以上となります。
お疲れ様でした。

Illust2702

○「ロビ2の動作テスト」
これ以降は、わたしの好きな余計な作業となります。

「Bluetoothボード」取り付け後、ロビのテスト動作が出来るように、「腰」及び「左右脚」を取り付けました。

ただし、「充電チェア」に座らせた状態でロビのテストを行なうと、「脚のサーボ」に支障がでます。
そこで左右「脚のサーボケーブル」は、「マイコンボード」に接続していません。
Robi2_62q
ロビ2に「Bluetoothボード」が取り付けられた

バッテリーは、「Bluetoothボード」と「腰サーボ」の空間に格納しました。
基本的には、ロビ1(旧ロビ)と同じ格納方法です。
Robi2_62r
バッテリーはこの空間(赤枠)に押し込む

Robi2_62s
Robi2_62t
「ロビ2の動作テスト」風景


これらの作業は「組み立てガイド」に載っていない内容です。
トライされる方は、自己責任でお願いします。

Illust2702

●ロビ2の専用アイテムの最新映像
「週刊ロビ2(73号)」に、ロビとの新しい生活を楽しむための「専用アイテムの最新映像」が公開されました。

○ロビ専用バックパック
身軽にお出かけしたいときに最適な、バックパック型の専用キャリングケース。
「ロビの顔出し窓」や、「Q-bo」や「充電チェア」、「ACアダプター」等が収納可能です。
Robi2_62o
ロビ専用バックパック

○ロビルーム
ロビを傷やホコリから守ってくれる、「ロビ専用のお部屋」です。
「充電チェアに座ったロビ」だけでなく、「Q-bo」や「絵本スタンド」も収納可能です。
また収納したままで充電が可能。
購入特典として、絵本「ロビのお留守番(上下)」がついてきます。
Robi2_62p_2
「ロビルーム」

今後も楽しいアイテムが増えそうですね。
楽しみ、楽しみ~♪

Illust2702_3

つづく

| | コメント (0)

« 2018年11月11日 - 2018年11月17日 | トップページ | 2018年12月9日 - 2018年12月15日 »